女性 冷え性

Sponsord Link


女性に冷え性が多い原因はなぜ?

冷え性は、性別に関わらず見られる症状では在りますが、それでも圧倒的に女性に多く見られる症状だといえます。

 

そこにはさまざまな理由がありますが、男性に比べて、女性の体は冷えやすい構造になっているのだそうです。
また、女性ならではの生活習慣が原因で、冷え性になることもあります。
さっそく、女性ゆえの冷え性の原因とは何か、考えて見ましょう。

 

男性よりも脂肪が多く、筋肉が少ないため

女性の体は、男性に比べてもともと筋肉がつきにくい構造になっています。
筋肉には体の熱を作り出すという大事な働きがあります。
筋肉が熱を生み出すことで、温かくなった血液が全身を循環し、体温を適切に保つことができます。
女性は男性に比べ筋肉量が少ないため、結果的に体が冷えやすくなるのです。
女性には、男性に比べて脂肪が多いという特徴もありますが、脂肪は一度温度が低くなってしまうと元の温度に戻りにくいという性質があるので、このW効果で、冷えやすくなってしまうのだと考えられます。

 

女性ホルモンが影響するため

体温の調節は自律神経がつかさどっていますが、この自律神経と女性ホルモンは、大脳の視床下部でコントロールされています。
女性ホルモンのバランスが乱れると、同じ場所でコントロールされる自律神経にも影響を及ぼしてしまうため、体温調節に支障をきたし、冷え性になりやすくなるのです。
更年期は冷え性になりやすいとよく言われますが、それは女性ホルモンが大きく変動する時期であるからと言えるでしょう。

 

月経が影響するため

女性には毎月月経がありますが、月経中は血液量が一時的に減少するので、赤血球で運ばれる酸素の量が減ります。
すると、食べ物が分解しにくくなり、体内のエネルギーが不足して、冷えやすくなるのだそうです。
また、子宮や卵巣は血が滞りやすいため、冷え性の原因を招きやすいのだとも言われています。

 

服装的な影響があるため

最近は、季節を問わずにノースリーブやミニスカート、素足などの薄着ファッションを楽しむ女性が多いようです。
しかし、冷房がガンガンに効いている現代社会では、薄着ファッションはすぐに冷え性の原因となります。
また、スタイルを良く見せようとしてコルセットや補正下着、きついストッキングをはくと血流が滞り、冷え性を招いてしまいます。

 

ダイエットをする人が多いため

ダイエットをすると、食べる量が極端に減ってしまうため、栄養失調となり、体が熱を作り出すことが出来ず、冷え性になりやすくなります。
また、お肉を我慢すると貧血になりやすくなり、これも血流が悪くなるので冷え性を招きます。
冷え性になるとむくみやすくなるので、太ったと勘違いし、また激しいダイエットをするという悪循環に陥る人もいるそうです。

 

このように、女性には冷え性になりやすいさまざまな事情があります。
しかし、日常的にしっかり靴下や腹巻などの冷え性対策グッズを活用したり、生姜やにんにくなどの体ポカポカ素材を使ったメニューを食べたり、適度な運動で血行を促進することで、冷え性は必ず改善されていきます。

 

また、漢方薬局や病院の冷え性外来に相談し、生活習慣を指導してもらいながら冷え性対策の漢方やサプリを処方してもらうという方法もあります。

 

冷え性が進むと手足の冷えだけではなく、不妊症や生理不順などの原因にもなります。
だからこそ、毎日の生活の中で冷え性対策を心がけ、健康で生き生きとした生活を送りたいですね!

Sponsord Link