冷え性 お茶

Sponsord Link


冷え性をお茶で改善しましょう

冷え性には色々なタイプや症状があります。
冷え性といえば手先・足先が特に冷える末端冷え性が有名ですが、手足は温かいのに腹部周辺が冷える内蔵型冷え性の場合は、靴下などの冷え対策だけでは症状の改善が難しいものです。

 

そのような場合に、冷え性対策として是非取り入れたいのがお茶を使ったセルフケア。
特に、生姜紅茶がおすすめです。

 

生姜は、漢方でいう「陽性」の食べ物。
体を温める優れた効果があるので、生姜紅茶を飲めば体は内側からポカポカし、冷え性が解消されていきます!

 

生姜紅茶の作り方はいたって簡単です。
いつもの紅茶に、すりおろした生姜をひとつまみ入れてかき混ぜるだけ。
市販のチューブタイプの生姜でも構いません。
スパイシーな香りが最初は気になるかもしれませんが、慣れてくるとクセになる美味しさです。

 

飲みにくいと感じる時は、蜂蜜やメイプルシロップなどでお茶に甘みを足しても良いでしょう。
ただし、白砂糖は避けてください。
白砂糖は漢方でいう「陰性」の食品、すなわち体を冷やす効果があるので、冷え性の人は避けた方が良いのです。

 

オフィスでお茶の時間がある人は、チューブタイプの生姜のMY生姜を持ち歩き、お茶で冷え性対策しましょう。
特に最近のオフィスは夏場冷房がガンガンかかっていることが多いので、夏場でも冷え性になる人は少なくありません。
生姜紅茶を飲みつつ、ひざ掛けなどで保温すれば冷え性対策はバッチリですね。

 

さて、普段なんの気なしにティータイムのお茶を気分で選ぶ人も多いと思いますが、実はコーヒーや緑茶(特に玉露)も、陰性なので冷え性には良くありません。
職場にコーヒーメーカーがあるような場合、ついつい飲みすぎてしまうので要注意です。
いきなりコーヒーや緑茶を飲むのをやめるのは、なかなか難しいと思いますので、例えば「1日1杯」などと決め、それ以外は生姜紅茶を積極的に飲むようにすれば、冷え性の改善に一歩近づくのではないでしょうか。

Sponsord Link