冷え性 夏

Sponsord Link


冷え性は夏でもなるのをご存知ですか?

冷え性は冬場に良く出る症状だと思っている人も多いと思いますが、実は夏の冷え性も存在します。
手足の冷え、腰痛、腹痛、むくみ、だるさ…こういった症状を夏に感じたら、冷え性だと思って間違いありません。

 

特に、最近はオフィスで冷房がかかっているのは当たり前という時代ですので、デスクワークの人の場合、薄着で一日中寒い気温に晒されている事もあるのです。
長袖の背広を着込んでいる人はいいかも知れませんが、暑い気温に合わせて薄着をしていたら、冷え性のリスクは当然高まります。
俗に「クーラー病」と名付けられるほど、夏の冷え性は多くなっています。

 

職場の冷房が気になる時は、夏場でも靴下を重ねばきしたり、ひざ掛けや腹巻などの冷え性グッズでプロテクトしましょう。

 

さて、夏はどうしても涼感ある食べ物や飲み物が欲しくなりますよね。
ビール、アイスクリーム、カキ氷、トロピカルフルーツ…
実はこういった飲食物も、冷え性の大敵です。
その理由は二つあります。
一つは、これらは冷たい食品なので、体を物理的に冷やしてしまうからです。
もう一つの理由は、これらが漢方でいう「陰性」の食べ物だからです。
陰性の食べ物には体の温度を下げる性質があります。
これらを食べすぎると体の内側から冷えてしまい、冷え性を招いてしまうのです。
特にアイスクリームの場合、陰性の食品である牛乳と、同じく陰性の砂糖をたっぷり使っているので、冷え性が気になる人は注意が必要です。

 

冷え性の人は上記のような陰性の飲食物を極力避け、体を温める陽性の食品(ショウガ、ネギ、ニンニク、根菜類など)を積極的に摂る食事療法をするとよいでしょう。

 

生姜などは薬味として手軽にプラスできるから便利ですが、中にはどうしても味や臭いが苦手という人もいると思います。
そのような場合はサプリメントなどで摂取するのも一つの方法です。

 

自分で手軽にできるツボ療法もオススメです。
手足の指と指の間、股の部分は冷え性のツボとされています。
この部分をつまんでは離す要領で、手足が温まるまで揉むと、血流が促進され、ポカポカしてきます。
オフィスワークや家事のちょっとした合間にできるのが嬉しいですね。

 

漢方薬も、冷え性治療には有効です。
ただし、漢方薬は体質や症状によって処方される薬が異なり、自分に合わない漢方薬を飲むと全く効果がなかったり、かえって冷え性が悪化してしまうことすらあります。
漢方薬での冷え性治療を希望する時は、医療期間や漢方薬局に症状や体質を詳しく相談し、自分に合った薬を処方してもらいましょう。

Sponsord Link