冷え性 ストレッチ

Sponsord Link


冷え性対策にはストレッチが効果的

冷え性対策の王道は、靴下や腹巻などでの保温、食生活や睡眠などの生活週間の見直し、サプリメントや漢方薬を用いた治療、そして運動不足の解消です。

 

運動不足になると代謝が悪くなり、それにつれて血行も悪くなって冷え性になりやすくなるのです。
逆に言えば、適度な運動を行えば血行が良くなり、冷え性が改善するばかりか体の調子が良くなり、むくみも取れて行くのでダイエット効果も期待できます。

 

しかし、「冷え性対策には運動がいいのはわかっているけれど、何をやったらいいのかわからない」「ハードな運動は苦手」という人も多いでしょう。
そこでお勧めなのがストレッチです。
ストレッチなら自宅で手軽にできますし、毎日無理なく続けられます。
職場で仕事の合間に行えば、良い気分転換にもなるでしょう。

 

ストレッチと言っても、バレリーナのような高度なストレッチは必要ありません。
子どもからお年寄りまで、誰でもできて冷え性に有効な簡単ストレッチをご紹介しましょう。

 

ゴルフボールコロコロ

足の裏でゴルフボールを踏み、そのままコロコロと動かします。
足の裏全体がじんわりと温かくなるまで行いましょう。
特に冷えを感じる部分やゴリゴリと痛みを感じる部分は、特にゆっくりと重点的に行います。
お年寄りの場合は、椅子に座ってやるとやりやすいでしょう。

 

足首グルグル

こちらも椅子に座ってできる冷え性対策ストレッチです。
片方の膝の上にもう片方の足首を載せ、つま先を掴み、グルグルと10?20回ほど回します。
足首の血行を促進すると同時に、連動した股関節周りのストレッチにもなります。
お腹周りの冷え、腰痛が気になる人にもおすすめです。

 

猫のポーズと腰トントン

まずは正座し、息をはきながら上体を前に倒し、グーっと気持ちよくストレッチします。
その後仰向けに膝を立てて寝て、腰をトントンと軽く床に打ち付けます。
10回ほど打ち付けた後、立てた膝を左右に10回揺らしましょう。
腰回りのストレッチと骨盤矯正効果のあるストレッチの組み合わせで、背中全体とお腹、腰の血流を促進します。

 

どうでしょう?簡単に続けられそうなストレッチばかりですね!
ぜひ冷え性改善と健康の為に、毎日の生活に取り入れてみてください。

Sponsord Link