冷え性 靴下

Sponsord Link


冷え性の人は靴下でしっかり対策しましょう!

冷え性改善には靴下が効果的だと言われています。
足は心臓から一番遠いところなので、温かい血が最も届きにくい場所。
冬場などの気温が低い時は勿論、クーラーなどの冷気にさらされれば、より冷たくなっていってしまうので、靴下やスパッツなどの冷え性対策は欠かせません。

 

ただし、冷え性対策にあたっては、靴下選びやはき方にもコツがあることをご存知でしょうか。
冷え性をとにかく改善したいからと言って、靴下を何枚も重ねばきするのは考えものです。
きつい靴下を何枚も履いてしまうと、足元の血行が阻害され、逆に冷え性が悪化してしまうことも。
足首のゴムがきついタイプの靴下も、同様の理由で冷え性に良くありません。

 

冷え性対策に理想的な靴下とは、なるべくゆるく、足袋のように足先が別れているか、五本指ソックスのように指1本1本までしっかりと保温できるタイプのものです。

 

素材は、保温性に富んでなおかつ蒸れないシルクがおすすめです。
シルクは毒素の吸着・排出効果があると言われているので、新陳代謝促進のためにも効果が期待できますね。
最近は足先ほっとのような冷え性専用の靴下や爪先カバーも販売されているので、こういった冷え性対策グッズを活用してみても良いでしょう。

 

また、靴下に合わせてシルクのスパッツで保温したり、レッグウォーマーで冷えやすいふくらはぎを温めてあげるのも、冷え性改善には効果的です。

 

さて、靴下を使った冷え性対策にはもう一つコツがあります。
寝る時には靴下を履かないようにしましょう。
足が冷えて夜眠れない人は「どうして靴下を履いて寝てはいけないの?!」と思うかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があります。
靴下を履いたまま寝ると、ゴムが足を締め付けてしまい、血行が悪くなることがあります。
また、寝る時に足の裏にかいた汗が冷えて靴下の中に滞留し、寝ている間に足を冷やしてしまうと冷え性が悪化してしまいます。
昔から、「夜靴下を履いて寝ると風邪を引く」なんて言われますが、これは迷信ではなくれっきとした事実なのです。

 

正しい靴下の履き方をマスターし、ぜひ冷え性対策に役立てて下さい!

Sponsord Link