冷え性 レシピ

Sponsord Link


冷え症改善のための体ぽかぽかレシピ

冷え性は手足の冷え、お腹の冷えだけではなく、むくみ、頭痛、だるさ、不眠、胃腸の不調等様々な問題を引き起こします。
冷え性を改善するには、ストレスを取り除き、生活習慣を整えて自律神経のバランスを整えるのが良いと言われていますが、中でも特に大事なのは食事に気を配る事です。

 

体を冷やしやすい食品、漢方で言う「陰性」の食べ物を避け、生姜やニンニクなど体を温める「陽性」の食品を積極的に摂れば、体は中から温まり、血流が促進されて冷え性の原因である血行不良が改善して行きます!
毎日の食事に冷え性対策のレシピを加え、体の中から冷え性の原因とサヨナラしましょう。

 

冷え性対策レシピに積極的に取り入れたい食材の例

・薬味類(ねぎ、しょうが、ニンニク)
・根菜類
・自然塩
・塩辛い食品(梅干し、醤油、味噌、たくあん)
・肉類
・卵
・チーズ
・赤身の魚や貝

 

いかがですか?
身近な食材の中にも、冷え性改善に役立つものが沢山ありますね。

 

たとえば、こんな簡単レシピはいかがでしょう。
湯豆腐を食べる時にネギやショウガを添えるのも良いですし、ニンニクは色々なレシピの隠し味に活躍してくれます。
牛蒡と人参を使ったきんぴらごぼうは定番おかずですが、根菜類なので体ぽかぽか効果があります。
鶏の手羽先をニンニク醤油につけ込み、オーブンでカラリと焼いた鶏手羽焼きもいいでしょう。
赤身のお魚や貝はお刺身で食べられるから、手軽に取り入れられますね。
ただし、お肉や卵、チーズ、赤身のお魚などは酸性食品なので、食べ過ぎると血液がドロドロになりがち。
ドロドロ血液は血行不良を招くので、食べ過ぎにはくれぐれもご注意を。

 

食べ物だけではなく、飲み物レシピもご紹介しましょう。
ホット紅茶にショウガをひとつまみいれてジンジャーティにすると、ティータイムに手軽に冷え性対策ができます。
梅干しを黒焼きし、醤油を垂らして番茶を注ぐ「梅醤番茶」はおばあちゃんの知恵が詰まった、古くからの冷え性対策レシピ。
独特の香味がとても美味しく、子供からお年寄りまで楽しめるドリンクです。

 

ぜひこれらの冷え性対策レシピを毎日の食事に取り入れ、体をぽかぽかにして冷え性を撃退して下さい!

Sponsord Link