冷え性 薬

Sponsord Link


冷え症に効く薬にはどういったものがあるの?

足先、手先等の末端の冷えやむくみなど、冷え性の辛い症状を治したいと願う人はとても多いものです。
食事療法、ツボ療法など様々な冷え性対策法がありますが、少しでも早く治したい人は、薬やサプリメントを取り入れてみるのも一つの方法です。

 

冷え性を薬で治すには、西洋医学の薬を使う方法、漢方薬を使う方法、そしてサプリメントを使う方法があります。
いずれの場合も、症状や体質に応じて個人差があり、ある人が使って効いたからといって、自分にも有効とは限りません。
冷え性を根本的に治すには、まずは病院や漢方薬局等で体質や症状の問診を詳しく行い、自分に最適な薬を選ぶようにしましょう。

 

西洋医学の薬

いわゆる西洋医学の薬で、冷え性改善に使われるのはビタミンEやガンマーオリザノールなどです。
これらは末しょう神経の循環を良くする働きがあります。
ドラッグストアなどでも手軽に買える薬です。

 

東洋医学の薬

冷え性の原因そのもの、すなわち体質や体内バランスの乱れを取り除く事で冷え性の解決を図るのが、東洋医学の考え方です。
自分の体質を自己判断するのは難しいので、専門の医療機関や漢方薬局で「冷えは末端部分のみなのか」「腹部、下腹部なのか」「疲れやすいか」「のぼせやすいか」など、様々な項目を詳しく問診した上で、お薬が処方されることとなります。
最近はドラッグストアで手軽に冷え性対策の漢方薬が買えますが、体質に合わない薬を使うとかえって逆効果ですので、事前に医師や薬剤師に創案しましょう。
冷え性の代表的な漢方薬には当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、真武湯、温経湯などがあります。

 

サプリメント

体を温める効果のあるショウガ、ニンニクは食事メニューに加えると手軽に冷え性対策ができますが、これらの独特の香味が苦手な場合、サプリメントで取る事ができます。
また、最近はシトルリンと言うサプリメントも、冷え性に効果があるとして注目されています。
シトルリンは血管を拡張させ、血流を促進する効果があるので冷え性の改善やむくみの解消などに効果的です。

Sponsord Link