足 冷え性

Sponsord Link


足の冷え性を改善したい!

冷え性の最も代表的な症状、それが足の冷えです。
足の末端が氷のように冷たくなってしまい、ぐっすりと眠れないという悩みを抱えている人は多いものです。

 

足の冷え性に悩んで、五本指ソックスなどで保温しているのになかなかよくならない、という声をよく聞きます。
実は、足の冷え性を改善するには、足先を温めるだけではなく、ふくらはぎを温める事が大切です。

 

足の冷え性は、温かい血液が足先まで届かない事によって起こるのですが、ふくらはぎは筋肉が少ないので、体の中心から送られてきた温かい血液の温度が下がってしまうのです。
特に寒い冬場は筋肉が収縮してしまうので、血行はさらに悪くなり、足先に届く前にふくらはぎの時点で冷えてしまうのです。
このようなわけで、足先を温めるには、まずはその手前のふくらはぎを温める事が大切なのです。

 

ふくらはぎのケアで足の冷え性を解決する方法をいくつかご紹介しましょう。

 

服装でふくらはぎを温める

レッグウォーマーやスパッツを履いてしっかりふくらはぎを保温すれば、足は冷えにくくなります。
選ぶ時は、ゴムがきつく無いタイプを選びましょう。
締め付け過ぎは血行を悪くするので逆効果です。

 

ふくらはぎをもんで足の冷え性を改善する

ふくらはぎ全体を揉んで、血行を促進するのもお勧めです。
それと合わせて試したいのが、冷え性に効くツボ。
足の内側、くるぶしとアキレス腱の間の窪みに位置する「太谿(たいけい)」、くるぶしの上に小指を置いた時に人差し指が当たる部位の骨の少し後ろ側にある「三陰交(さんいんこう)」などを刺激し、セルフケアしましょう。

 

足湯や半身浴を行う

足湯や半身浴は、冷え性改善にとても効果的です。
冷えたふくらはぎをしっかりと温める事で、温かい血液を足先まで送り込む事ができ、足先の冷え性が改善して行きます。

 

 

こういったケアの他、体を温める生姜やニンニクなどの食材を取り入れる、軽い運動で血行を促進するなどの冷え性対策を合わせて行えば、徐々に足の冷えは改善して行きます。

 

たかが冷え性と思って放置すると、疲れ、だるさ、腰痛、胃腸障害、腎臓障害、生理不順、子宮筋腫、むくみなど様々な症状が起こることがあります。
足の冷え性は毎日の努力で、かならず良くなりますので、地道に冷え性対策を行って行きましょう!

Sponsord Link