冷え性 ツボ

Sponsord Link


冷え症をツボ療法で治そう!

冷え性の原因は、血液の循環が悪くなる事、自律神経が乱れる事、これらに伴って新陳代謝が低下する事だと言われています。
冷え性を改善するには食事療法、漢方薬での療法など様々な方法がありますが、特に効果的なものの一つにツボ療法があります。

 

ツボを刺激する事で血液の循環が促進されて自律神経が整うと、冷え性は次第に改善して行きます。
気軽に試せるツボ療法で、冷え性とサヨナラしましょう!

 

冷え性に効くツボ

・腎兪(じんゆ)…新陳代謝を高めるツボです。
背骨の、おへその真後ろに当たる部分から左右に指2本分離れた所に位置するツボです。
ウエストを両手で挟むようにつかみ、親指で押し込むようにすると刺激しやすいと思います。
押しては離し、押しては話の要領で1〜2分ほど刺激するとよいでしょう。

 

・血海(けっかい)…自律神経を整えるツボで、冷え性だけではなく婦人科系疾患、脂肪太り、くすみ肌等の解消にも効果的です。
膝を伸ばして立ち、膝のお皿の部分から2.5cmほど上がった内側の部分に位置し、押すと痛みを感じやすいツボです。
親指をこのツボにあて、30回程しっかり押して刺激しましょう。
イスに座って両足同時に行うとやりやすいでしょう。

 

・三陰交…足の冷え症、腰痛、婦人科系疾患に効果的なツボです。
内くるぶしから指4本分上がった位置(すね骨のすぐ後ろ)、押すと痛みを感じやすいツボです。
こちらもイスに座り、足首を逆側の膝に乗せて、足首をつかむ要領で親指をツボに押しあて、2〜3分程刺激するとよいでしょう。

 

・八風(はっぷう)…冷え性に効果的です。
このツボは、両足の指の股の部分(合計8カ所)です。
この間の部分を親指を人差し指でつまんで刺激しますが、右足のツボは左手、左足のツボは右手で刺激しましょう。
全ての指の股を揉み終わると、冷たかった指先がポカポカしてくるのを感じるはずです。
もしまだ冷たいようなら、暖かくなるまでしばらく続けましょう。

 

・指間穴(しかんけつ)…八風は足の指の股ですが、指間穴は手の指の間(親指と人差し指の間を除く)です。
こちらも同じ要領で、軽くひっぱって刺激します。
手が冷える末端冷え性の人にはとても効果的です。

 

どれも手軽に試せるものばかりですので、オフィスワークや家事の合間にツボ療法にトライし、こまめに冷え性対策しましょう。

Sponsord Link