冷え性 不妊

Sponsord Link


冷え性が不妊の原因になることもあります

漢方治療の考えでは「冷え性は万病の原因」と言われていますが、特に不妊など婦人科系の病気の原因になりやすいことが知られています。

 

具体的には不妊、生理不順、生理痛、便秘、肌荒れ、頭痛、腰痛、だるさ、肩こり、精神的な不安定などの症状が、冷え性によって起こるとされています。

 

医学的に問題がないにもかかわらず、なかなか子宝に恵まれない場合、不妊の原因は冷え性にあることが多いのです。

 

冷えと女性の体は密接な関係があります。
たとえば生理痛の時に、腹巻やカイロでお腹を温めたら、痛みが和らいだという経験はありませんか?
これは、冷えと女性の体、特に子宮と卵巣の関係がダイレクトに関係していることがわかりやすい一例です。
子宮や卵巣が冷えると、生理痛だけではなく生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症の原因となったり、あるいは受精卵が着床しにくくなってしまいます。
たかが冷え性、と侮ってはいけないのです。

 

冷え性を放置すると血管が収縮し、血液の循環が悪くなるので生殖機能だけではなく、体全体の不調を招き、結果的にホルモンバランスが悪くなっていきます。
ホルモンバランスが悪化すると当然妊娠のチャンスが減ってしまうので、不妊体質になってしまうことが考えられます。

 

逆に言えば、体をしっかり温めて血液の循環が良くなれば子宮や卵巣への血流が増え、きちんとホルモンが働きかけてくれるので、妊娠の可能性が高まります。

 

最近は家庭・職場でクーラーが普及していることもあり、冷え性になりやすい社会であるともいえます。
手足が冷えていなくても、実はお腹が冷えている内蔵型冷え性など、隠れた冷え性も存在するので、「不妊の原因が冷え性かも…」と気になるときは、まずは漢方薬局や東洋医学を取り入れた婦人科外来に相談し、西洋医学の不妊対策と同時に、冷え性対策を行って、子宝ができやすい体質に改善していくとよいでしょう。

Sponsord Link