冷え性 改善

Sponsord Link


冷え性を改善する方法

冷え性を改善するためには、その原因を考える事が大切です。
冷え性は、なんらかの原因によって毛細血管に暖かい血が流れにくくなってしまうために起こります。
血行が悪くなって血管が収縮した状態が続けばどんどん体は冷えていってしまいます。

 

冷え性の原因と考えられるものは、主に以下の4つです。

 

1)体温調節が上手くいかない場合
冬場に手足が冷えるのは、誰でも経験した事があると思います。
しかし、暖かい室内に入れば、普通はしばらくすると冷えた部分も温まるはずです。
人体には体温を調節する機能が備わっているので、本来は季節や気候、温度等の外的環境に応じて自律神経が機能し、体温を保つことができます。
しかし、現代社会ではエアコンが当たり前です。
本来暑いはずの夏でも室内では涼しく過ごせますし、冬でも半袖で過ごせる程エアコンを効かせている人もいるでしょう。
このような設備に慣れきってしまうと、人間本来が持つ神経機能はどんどん鈍くなって行きます。
自然な状態では皮膚が「暑い」「寒い」という情報を感じ取り、脳に伝達するのですが、これが上手くいかなくなるので、いざ急激に寒くなっても、神経が働いてくれず、体を暖めるための血液が毛細血管に送られず、血管が収縮したままになってしまうのです。
最近夏場でも冷え性の人が多いのは、こういった原因があるからだと言われています。

 

また、ストレスや生活習慣の乱れが原因で自律神経が失調する場合も、冷え性が起こりやすくなります。
いずれの場合も、自律神経がうまく働かず、結果的に体温調整ができなくなると、内臓型の冷え性となります。
本来寒くなると血流は内臓に集まり、手足等の末端には届きにくくなるのですが、このバランスがうまく調整できないので、内臓はどんどん冷えて行きます。
内臓型の冷え性は発見しにくいので、特に気をつける必要があります。

 

2)運動不足の場合
運動すると体の代謝がアップし、血液の巡りが良くなります。
また、運動して筋力が強くなると免疫力がアップするので、自律神経が活性化し、健康状態が良くなります。
逆に、運動不足になれば筋力が落ちますし、代謝も低下、免疫も低くなって自律神経失調気味となり、毛細血管がちぢこまってしまいます。
毛細血管が縮こまれば血流が悪くなり、暖かい血が行き渡りませんので、やはり冷え性になってしまうのです。
お年寄りに多く見られる冷え性の原因がこれです。

 

3)ファッションが原因の場合
体に必要以上にピッタリとした服やスキニージーンズ…女性に大人気のファッションですが、これらも冷え性の大敵です。
キツい服は血流を悪化させ、冷え性の原因となります。
また、春夏に多いミニスカートにサンダルというようなファッションも、知らず知らずのうちに冷えを招いてしまうから要注意です。

 

4)食生活が原因の場合
上記で見て来たように、血流が悪くなると冷え性になりやすくなります。
血液がドロドロになるようなファーストフード、脂肪分たっぷりの食生活などは冷えの大敵です。
近年、日本人の食生活は急激に西洋化しているため、冷え性が増えたと言う考え方もある程です。
また、漢方で言うとチョコレートやケーキなど、砂糖たっぷりの食品は「陰性」の食品と言われ、体を冷やすと言われています。
砂糖たっぷりのアイスクリームは、陰性の食品をさらに冷たくしているので、冷え性の大敵です。

 

以上の冷え性の原因の中に、当てはまる項目がありましたでしょうか?
冷え性を改善するには、当てはまる原因を根本から解決しなければなりません。
ストレスフルな生活が原因の冷え性の場合、改善のためには適度な休息と生活リズムの見直しを考える。
ファッションが原因の冷え性の場合、改善のためには体を締め付けずに適度に保温する衣服を着る。
脂肪分の多い洋風の食生活が原因の冷え性の場合、和食中心の食生活にし、暴飲暴食を控える。
こういった注意点を守り、適度な運動をすることで、冷え性を日常から予防・改善する事ができます。
冷え性は不妊をはじめ万病の原因と言われており、冷え性を改善する事で妊娠体質になった人も少なく無いといわれています。
冷え性を防ぐライフスタイルは、あらゆる健康面に役立つライフスタイルと言えるでしょう。

 

しかし、冷え性の原因は、多くの場合複合的だと言われています。
自分で意識して改善できる部分もあれば、知らず知らずの間に見落としている原因もありますし、内臓型冷え性等の場合は、とくに分かりにくくなっています。
冷え性を改善したいと思ったときは、最寄りの漢方薬局や東洋医学の医療機関に相談してみましょう。
問診を通じて、冷え性の症状や原因、体質に合わせた適切な漢方薬の処方と、改善のための生活指導をしてくれるはずです。

Sponsord Link