冷え性 病気

Sponsord Link


冷え性は様々な病気の原因になります

「冷え性なんて、手足が冷えるだけなんだから、ちょっと我慢すればいいだけじゃない」
そう思って、冷え性を軽視している人は多いのですが、冷え性は実は様々な病気の原因となることが知られています。

 

東洋医学の考え方では、昔から冷え性は病気のもととされてきました。
冷え性を放置すると新陳代謝が悪化し、全身の臓器に複合的な支障をきたします。
冷えると血管が収縮して血液の温度が低下し、血流が悪くなり、全身に必要な酸素や栄養分も届きにくくなってしまうので、脳や内蔵などの病気の遠因になってしまうのです。

 

具体的には動脈硬化、自律神経失調症などから様々な病気・合併症が起こることが予測されます。
最近の研究では、がん細胞は冷えた環境を好むとも言われています。
冷えると免疫力が低下するため、がんやアレルギー性疾患のリスクが高まるというのも一理あります。

 

冷え性から来るとされる病気の一例

動脈硬化
自律神経失調症
心身症
不妊症
生理不順
子宮内膜症
気管支炎
気管支喘息
腎臓病
リウマチ
アトピー
花粉症など

 

たかが冷え性と思って放置すると、このような恐ろしい病気になってしまうかもしれないので、冷え性はできるだけ早く改善したいですね。

 

冷え性対策には、食生活を中心とした生活環境の改善、適度な運動、入浴、漢方薬やサプリメントなど様々な方法があります。
また、五本指ソックスやレッグウォーマー、腹巻などで気になる部分をしっかり温めるのも良いですね。
過労やストレスも冷え性の遠因になりますので、できるだけストレスフリーな環境を心がけるのも大事です。
まずは自分が身近にできる対策から始め、冷え性を撃退し、病気知らずの体を目指しましょう!

Sponsord Link