冷え性 食べ物

Sponsord Link


冷え症と食べ物には深い関係がある

冷え性と食べ物には、密接な関係があると言われています。
漢方の考え方では、食べ物は体を冷やしやすい「陰性」、体を温める「陽性」、そのどちらでもない「中庸」の3つに別れています。
冷え性の人は陰性の食べ物は避け、陽性の食べ物を積極的に摂るとよいでしょう。
また、血液がドロドロになると血流が悪くなり、冷え性の一因ともなります。
アルカリ性の食品を選べば、血液サラサラ効果があるので血流が促進され、体がより温まりやすくなります。

 

冷え性の人は具体的にどのような食品を食べたらいいのか、チェックしてみましょう。

 

冷え性の人が避けた方が良い食べ物=陰性の食べ物の特徴

陰性の食べ物の効果
陰性の食べ物には体を冷やす効果があるので、冷え性の人は避けましょう。
熱帯地方の食べ物や夏が旬の食べ物は、熱くなった体を冷やす陰性の効果があります。
また、暑い時期に食べたくなる冷たい飲み物・食べ物も摂りすぎると冷え性の原因になるから要注意です。

 

陰性の食べ物の特徴
・暖かい地方、熱帯地方などの産物
・水気が多く柔らかい
・加熱すると柔らかくなる
・地上でまっすぐ上に伸びて育つ
・科学的に合成された食品
・色が白く、精製された食品

 

陰性の食べ物の具体例
トロピカルフルーツ、ナス科野菜(じゃがいも、ピーマン、トマト、なす)、緑黄色野菜、大豆製品、海草類、お茶、白米、白いパン、うどん、チョコレート、牛乳、アイスクリーム、スナック菓子、刺激物(香辛料、お酒、たばこ、コーヒー等)、合成甘味料、食品添加物、砂糖 など

 

果物や野菜、海草類や大豆製品は血液サラサラ効果があるので、摂り過ぎに注意すれば食べても構いません。
ただし、刺激物や人工的に作られたもの、砂糖がふんだんに含まれたものは体を冷やす上に血液をドロドロにしてしまうので、冷え性の人は極力避けましょう。
ちなみに、科学的な薬も体を冷やしてしまうそうです。
風邪を引いた時などは自然の生薬を使った漢方薬を使った方が良いかもしれませんね。

 

冷え性の人の体を温めてくれる食べ物=陽性の食べ物の特徴

陽性の食べ物の効果
陽性はその名の通り太陽の陽の性質、体をポカポカと暖めてエネルギーを与えてくれる効果があります。
寒い地方の食べ物には、陽性の食べ物が多いようですが、昔の人の知恵で冷えた体を温めてくれると知っていたのでしょうね。

 

陽性の食べ物の特徴
・寒い地方、涼しい地方の産物
・色が濃い
・水気が少なく固い
・加熱すると固くなる
・調理時間が長くかかる
・地下に向かってまっすぐ伸びる植物
・塩辛い

 

陽性の食べ物の具体例
ねぎ、しょうが、ニンニク、根菜類、自然塩、塩辛い食品(梅干し、醤油、味噌、たくあん)、肉類(加工品も含む)、卵、チーズ、赤身の魚、貝
など

 

ねぎやしょうが、ニンニクは特に体を温めてくれる効果が高い食べ物です。
昔から、風邪を引くとこういった食べ物を積極的に食べるように言われて来ました。
ただし、これらの匂いや味が苦手な人も多いと思うので、そのような場合はサプリメントなどを上手に活用しましょう。
肉類などは貧血改善に役立つので、貧血を伴う冷え性には効果的です。
ただし、肉類や卵、チーズや赤身の魚などは酸性食品です。
冷え性には効果があるものの、血液をドロドロにしてしまう可能性もあるので、食べ過ぎには気をつけましょう。
また、塩は自然塩を選びましょう。
精製の過程で性質が酸性に傾いてしまうので、同じようにしょっぱい味でも、血液ドロドロ効果が加わってしまうのです。
血液ドロドロは冷え性の大敵ですよ!

 

陰性と陽性の中間=中庸の食べ物の特徴

中庸とは、読んで字のごとく陰性と陽性のちょうど中立に位置する性質なので、主食に最適だと言われています。

 

中庸の食べ物の具体例
玄米、麦、雑穀類(ひえ、あわ、きび)など

 

できるだけ精白しない穀物を選ぶようにすれば、胚の部分を摂る事ができ、普段の食生活で不足しがちなミネラルを効果的に補給できます。
冷え性対策のためだけではなく、美容と健康のためにも、白米より、精白度の低い穀物を主食にするとよいでしょう。

Sponsord Link