冷え性 飲み物

Sponsord Link


冷え症の人は飲み物にも気をつけて!

足先、手先の冷えがいつまでも残って、つらい冷え性。
最近はエアコンの影響で、寒い冬だけではなく夏場の冷え性に悩む人もいる程です。
冷え性は末端の冷えだけではなく、頭痛、だるさ、胃の不調、下痢、不妊等様々な症状の原因になりますので、早期発見早期治療が肝心です。

 

冷え性を改善するには、ただ体を温めるという対症療法だけでなく、食事や生活環境を見直す必要があると良く言われています。
特に大事なのは食生活、中でも飲み物は要注意です。
飲み物の中には体を冷やす性質のものが沢山あるので、いくら体を温める漢方薬やサプリを使っていても、体を冷やす飲み物を摂り続けていれば、冷え性は一向に改善されません。

 

冷え性になりやすい飲み物の例

・ビール
・コーヒー(特にインスタントコーヒー)
・紅茶
・緑茶(特に玉露茶)
・牛乳
・ジュース

 

漢方の考え方では、食品は体を冷やす「陰性」、体を温める「陽性」、その中間の「中庸」に別れます。
上記の飲み物は特に体を冷やしやすく、冷え性に導いてしまうものです。
キーンと冷えたビールやアイスコーヒーは美味しいものですが、ただでさえ冷えやすい飲み物をさらに冷やして飲むと言うのはお勧めできません。
また、砂糖は体を冷やしてしまうので、砂糖が使われたジュースは避けましょう。
牛乳と砂糖をふんだんにつかった冷たいシェイクも要注意です。
また、マンゴーなど南国の果実を使ったトロピカルフルーツのジュースは、砂糖が入っていなくとも体を冷やしやすいと言われています。
暑い南国の産物には、体を冷やす性質のあるものが多いのです。

 

紅茶や緑茶を飲む時は摂り過ぎに注意し、ホットの状態で飲みましょう。
紅茶にすりおろし生姜をひとつまみいれてジンジャーティにすると、体ポカポカ効果があるので、冷え性対策におすすめですよ!

 

さて、アルコールに関しては全般的に体を冷やしやすい陰性の性質があるので避けた方が良いのですが、アルコールには血管拡張効果があるので、日本酒の熱燗やホットワイン、焼酎のお湯割りなどを適量飲む分には、冷え性改善に却って役立つと言う意見もあります。
ただし、飲み過ぎると内臓への負担、むくみなどの弊害が生じ、血流が悪化して冷え性の原因になりかねません。

 

飲み物は毎日飲むものですから、少し気をつけるだけでも冷え性の改善に大きく役立ちます。
先ほど挙げたジンジャーティや生姜湯、ハーブティーなど体を温めるお茶を積極的に取り入れ、飲み物から冷え性改善を始めましょう。

Sponsord Link