冷え性 診断

Sponsord Link


冷え性の診断テストにチャレンジしてみましょう

冷え性は西洋医学の概念では病気ではないと言われています。
確かに、冷えという症状そのものは一見病気に見えないのですが、実は東洋医学では冷え性は万病のもとと言われています。
原因不明の頭痛、めまい、不妊症、アレルギー性疾患などの病気の原因が、実は冷え性だったということは少なくありません。

 

冷え性が進行すると、体が冷えていることにすら気づかず、そのまま冷え性を放置するという悪循環につながることがあります。
あなたは、以下の冷え性診断テストに当てはまる項目がありますでしょうか?

 

冷え性診断テスト

トイレが近い
身体の節々がいたい
不整脈や動機がある
生理痛、生理不順がしばしば起こる
おならがおおい
暑いのに汗をかかない
ゲップやおならが多い
手足や顔、頭ばかりに汗をかく
手足が冷える

 

これらの診断項目が一つでも当てはまれば、あなたは冷え性の可能性があります。
冷え性というと女性の病気というイメージがありますが、最近は男性にも冷え性が多いものです。
クーラーなどの生活環境の変化が影響しているのだと思われますが、いずれにせよ上記の診断項目にあてはまるものがある場合は、病院の冷え性外来、あるいは漢方薬局に症状を相談し、冷え性対策して行くことをおすすめします。

 

病院や漢方薬局では問診を行い、症状と体質を詳しく聞いて冷え性のタイプを診断し、治療の方針を決めていきます。
漢方薬の治療は体質によって効く薬が異なるので、自己判断で漢方薬を使っても冷え性がいっこうに治らなかったり、かえって悪化することもありますので、かならず医師や薬剤師の診断とアドバイスの元に漢方薬を選びましょう。

 

また、自分でできる冷え性対策を積極的に試すのも良いでしょう。
身体を冷やすコーヒーや緑茶は避け、生姜紅茶などの身体を温める飲み物を飲むようにする。
入浴時はシャワーだけでなく、湯船にゆったりと浸かる。
適度な運動で血行促進する。
シトルリンなど血流改善効果のあるサプリを取り入れる
靴下や腹巻で気になる部分をしっかり保温する…

 

こういった冷え性対策を続けると、個人差はありますが3週間後ぐらいから冷え性の状態は良くなっていきます。
診断テストであてはまる項目があった人は、ぜひ一日も早く冷え性対策を始めてください!

Sponsord Link