冷え性 冷房

Sponsord Link


冷え性の人は冷房にご用心!

冷房病は、いわば夏の冷え性。
職場でガンガン冷房がかかっている状態に一日中身を晒されていると、手足の冷え、足のむくみ、だるさ、頭痛、腰痛、腹痛など、冷え性と全く同じ症状が現れる事があるのです。

 

本来、人間の体は周囲の温度が変化しても、体温を保とうとする性質があります。
だから暑い夏でも寒い冬でも、一定の平熱を保つ事ができるのです。
しかし、冷房などの人工的な温度調整に慣れてしまうと、この機能が鈍くなってしまい、温度変化があっても体温を調整しにくくなってしまいます。
外に出れば暑いのに、屋内は極端に冷えている…こんな状態に体がついていけなくなり、自律神経のバランスが乱れ、夏なのに冷え性となるのです。

 

夏でもスーツを着ている男性にあわせて職場の冷房を低めに設定している会社も多いようですが、こんな環境に夏の薄着でずっといれば、当然あっという間に冷え性予備軍になってしまいます。
冷房が気になる人は、自分で冷え性対策をしましょう。

 

例えば、五本指ソックスでしっかり足先を保温したり、ひざ掛けをかけるようにする、カーディガンなどの羽織りものを持参する。
これだけでも、だいぶ違います。
お腹の冷えが気になる時は、腹巻をしましょう。
最近は夏向きの薄手のもの、可愛いデザインのものもたくさん出ています。

 

また、暑い季節は冷たい飲み物を飲みたくなりますが、極端に冷たい飲み物は避け、できれば生姜紅茶など、体を温めるドリンクを飲みましょう。
病院や漢方薬局に相談すれば、血流を促進する薬や漢方薬、サプリメントなどを処方してくれますが、こういった冷え性対策を組み合わせれば、より確実にクーラー病を回避できるはずです。

Sponsord Link