冷え性 症状

Sponsord Link


冷え性の症状にはどのようなものがあるの?

冷え性の症状としては、手足の先などが冷たく冷えてしまう症状(いわゆる末端型冷え性)が良く知られていますが、それ以外にも様々な症状があることをご存知でしょうか。

 

頭痛と肩こり

冷え性になると血流が悪くなるので、頭痛に悩まされる事が多くなります。
また、冷え性が原因で肩が凝ると中々治りづらく、肩こりが悪化して頭痛がさらに悪化すると言う悪循環になることもあります。

 

不眠

手足の冷えが原因で、冷え性の人はなかなか寝付きにくくなります。
また、頭痛や後述するような下痢、腹痛が原因で眠れなくなる事もあります。

 

だるさ、貧血

冷え性の人の場合、毛細血管が収縮しているので、血流の巡りが悪く、体中に酸素が行き渡りにくくなってしまいます。
その影響でだるさや貧血等の症状を招くことがあります。

 

集中力の低下

冷え性になるとやる気が起きづらくなり、物事にポジティブに取り組めなくなってきます。

 

下痢、腹痛

体が冷える事に伴い内臓回りが冷え、(内臓型冷え性)下痢や腹痛が起こりやすくなります。

 

風邪を引きやすくなる

冷え性の原因の一つに、体温調節を司る自律神経の失調が上げられます。
自律神経が失調すると体温を正常な状態に保てない他、心身のバランスが乱れやすくなり、風邪を引きやすくなってしまうのです。

 

胃の不調

自律神経が失調すると、胃の不調も起こりやすくなります。
これは、消化液の分泌が抑制されてしまうためで、そのために消化不良となり、胃のもたれ、胃痛が起きてしまうのです。

 

生理不順

自律神経の失調は、ホルモンバランスにも影響します。
ホルモンのバランスが乱れると、生理不順になってしまいます。

 

肌トラブルやアレルギー

冷え性の影響で血流が悪くなると新陳代謝が悪化するので、吹き出物などの肌トラブルが生じたり、アレルギーが起きやすくなります。

 

このように、一見冷え性と関係ないかのようにみえる様々な症状が存在している事に驚かされます。
これらの症状を自覚し、病院に行ってもなかなか改善されない場合は、冷え性の可能性があります。
冷え性は西洋医学では病気と認識されていませんので、改善のためには東洋医学の医療機関、あるいは漢方薬局に相談し、体質や症状に合わせた、自分にぴったりの冷え性改善法を探すと良いでしょう。

 

最近では体を温めるショウガのサプリメントなども冷え性対策に人気ですし、生薬配合のロングセラー薬用酒「養命酒」なども手軽に取り入れられる冷え性対策です。

 

生活リズムを整えてストレスを極力避け、漢方やサプリメントを使った治療法を続けると、冷え性の様々な症状は改善されて行くはずです。

Sponsord Link