冷え性とは

Sponsord Link


冷え性とは一体どのような症状なのか?

現代女性の、実に7割が「冷え性」だと言われています。
この冷え性と言う言葉を聞いた事がある人は多いと思いますが、冷え性は実際にはどのような症状であるかご存知でしょうか?

 

冷え性は、体の一部が冷えてしまっている状態です。
冬場外に出ると、体全体が冷たくなりますが、暖かい室内に入れば次第に温かくなるものです。
しかし、冷え性の人はいつまでたっても特定の部位だけ温まらず、冷えを感じてしまうのです。

 

冷え性になると、布団に入っても手足が冷たくて中々眠れなかったりします。
体温調節が上手くいかないことで体内のバランスが乱れ、のぼせ、頭痛、めまい、イライラ感などの症状を感じる人もいます。
また、血行が悪化すると新陳代謝が悪くなるので、むくみがちになったり、太ってしまう事も。
たかが冷えと侮っていると、万病の原因になりかねないのです。

 

冷え性の怖い所は、体が冷えがちな冬場だけに生じる症状ではないと言うところです。
暑い夏なのに体の一部が冷えたままの冷え性、別名夏冷えに悩む人も多いと言われています。
現代はほとんどの職場や学校がクーラー完備ですので、夏冷えの人はさらに悩んでしまう事になります。

 

手先、足先だけの冷え性は末端冷え性と呼ばれますが、これも見逃せない症状です。
末端冷え性の患者さんの中には、「私は他の部分は温かいから冷え性じゃない」と思って放置する人もいます。
しかし、末端冷え性は、なんらかの原因で手足の末端部分に血液がうまくまわっていない状態です。
血液がうまくまわらない原因が、寒さではなく、血液が生活習慣病でドロドロになっている為だとしたら…冷え性だけでなくほかの症状も心配ですね。

 

また、手足は温かいのに内臓だけが冷えている内蔵型冷え性もあります。
このタイプの冷え性は非常に危険で、手足が温かいだけに見過ごしがちなのですが、放置すると血流が悪化し、冷え性が悪くなり、代謝が低下してさらに冷え性が悪くなると言うスパイラルに落ち込んでしまうこともあるのです。
だるい、頭痛、めまいなど冷え性の症状を感じ、体温が低めの人(35度台)の人は、内蔵型冷え性の可能性があるかもしれません。

 

冷え性は、西洋医学では病気だと考えられていません。
西洋医学は、特定の症状を治す「対症療法」が基本ですが、冷え性を治すには「冷え」という現象を見るよりも、その原因となっているものを特定し、取り除いて体全体のバランスを整える事が大事です。
したがって、体質改善して冷え症の原因を断ち切る東洋医学の治療法を使った方が良いでしょう。

 

東洋医学の冷え性治療を試すには、漢方薬局に相談したり、東洋医学(中医学)の専門医療機関に行く事をお勧めします。
こういったところに日頃の生活習慣や体質を相談すると、症状と個々人の体質に合わせた適切な漢方薬を処方してくれます。
冷え性に効くツボを刺激し、血流を良くするのも効果的ですし、ストレッチなども合わせて行うと効果的です。
また、養命酒を試してみるのも一つの方法です。
おばあちゃんから「養命酒は冷え性に効くよ」と聞いた事があるかもしれませんが、養命酒も生薬をふんだんに含んだ漢方の一種です。

 

こういった漢方治療と適切な運動を生活に取り入れ、冷えやすい食材をできるだけさけるなど生活改善に取り組めば、冷え性は必ず改善します。
毎日の生活の積み重ねが、冷え症の撃退には大事ですので、気長に無理せず行いましょう。

Sponsord Link