冷え性 漢方

Sponsord Link


冷え症を漢方で改善する

冷え性を改善するには、漢方がとても効果的だと言われています。
西洋医学の観点からは、冷え性は病気では無いと考えられていますが、漢方をはじめとする東洋医学の観点においては、冷えは万病の原因とさえ言われている要注意症状です。

 

漢方では、体のバランス(気・血・水)が整っている事が非常に大事だとされ、冷え性を改善するには単に「冷え」という部分だけを治すのではなく、その原因になったもの、本人の体質等を複合的に考慮して漢方を選ぶことになります。
漢方の場合は本人の体質に合ったものを使わなければ効果が無いと言われています。
場合によっては却って冷え性の症状が悪化してしまう事があるので、漢方薬を選ぶ時は、まず自分の症状や体質を考慮しましょう。

 

冷え性の症状や体質に合った漢方の例

真武湯…腹痛や下痢を伴う冷え性の場合

 

当帰芍薬散…冷え性に加えてめまいがあり疲れやすく、下腹部に痛みを感じる場合

 

桂枝茯苓丸…冷え性に加え下腹部の痛み、のぼせ、肩こりがある場合

 

温経湯…いわゆる隠れ冷え性(手足は火照るが他の部位に冷え性が見られる)で、月経不順等も見られる場合

 

以上が冷え性で良く使われる漢方となりますが、もし可能であれば漢方薬局に行き、自分の体質や症状を詳しく説明した上で漢方を試してみると良いでしょう。
近くに漢方薬局が無い場合は、ドラッグストアでツムラ等の漢方薬を購入する事もできます。
ツムラは漢方薬業界において世界最大規模の工場を持っており、品質的にも信頼できる漢方製薬会社の一つと言えます。
ツムラのサイトには漢方専門のポータルサイトや商品問い合わせフォームなどもあるため、自分で調べて購入・服用する事も可能ですが、やはりできれば医師や薬剤師に相談の上、自分の冷え性に合った漢方を使いましょう。

Sponsord Link