冷え性 原因

Sponsord Link


冷え性の原因にはどのようなものがあるのか?

冷え性の原因は、多岐に渡ると言われています。
ストレスや生活習慣の乱れ、運動不足などが代表的な原因とされていますが、何らかの病気が原因で血液がドロドロの状態になったり、血行不良になっても冷え性となることがあります。
「冷え性」という症状は一つでも、その裏には沢山の原因が潜んでいるというわけです。
あなたは、こういった事に心当たりはありませんか?

 

 

ストレス

人間は強いストレスを抱えすぎると自律神経のバランスが悪化する原因になると言われています。
自律神経は体温調整や呼吸などを司る重要な神経なのですが、このバランスが乱れると、体温が低体温気味になったり、新陳代謝が悪くなって血行不良となり、冷え性になる事があります。

 

生活習慣の乱れ

不規則な食生活、睡眠不足など、生活習慣の乱れも冷え性の原因となります。
これらはストレスを感じた時と同様に、自律神経を乱れさせるのです。
特に、脂っこい食事や砂糖たっぷりのデザートばかり好んで食べると、血液がドロドロになって血管が詰まりぎみになり、血行が悪化して冷え性にはなる事があります。
また、冷え性をまねく食生活というものもあります。
東洋医学でいう陰性の食べ物、すなわち体を冷やす効果がある食べ物ばかり食べていると、冷え性になりやすくなるのです。
例えば、トロピカルフルーツ、ナス、トマト、ピーマン、牛乳、コーヒー、ビールなどは陰性の飲食物です。
良く「秋茄子は嫁に食わすな」などと言いますが、これは昔の人がナスが冷え性を招く性質があるのを知っていたから生まれたことわざなのでしょう。

 

運動不足

運動不足の状態が続くと、体全体の代謝が低下し、その影響で血行が悪くなることが原因で冷え性になる事があります。
お年寄りやデスクワークの人が冷え性になりやすいのは、こういった事情があるからかも知れません。

 

このような原因を見ていくと、靴下や手袋で足先・手先を温めるだけでは冷え性が改善しないというのが良くわかりますね。
栄養バランスの取れた食事を毎日規則正しく摂り、睡眠時間をしっかり確保し、ストレッチなどの簡単な運動を取り入れる。
いつもの生活に、こういったちょっとした努力をプラスするだけで、自律神経のバランスが良くなり、冷え性の症状は改善されて行きます。
冷え性だけではなく、継続すれば体全体の調子が良くなり、むくみなども取れて行くので、ダイエット効果も期待できます。
また、生姜やニンニク、ネギなど、体を温める陽性の食品を積極的に食べるのもよいでしょう。
生姜などの味や臭いが苦手な場合、最近はサプリメントも出ているので、ぜひ活用して見てください。

 

冷え性を原因から解決したいと思う時は、まずはこういった生活改善を始めると良いでしょう。

Sponsord Link