内蔵型 冷え性

Sponsord Link


内蔵型冷え性は気づきにくいので要注意

冷え性は、通常手足などの末端の冷えを伴うため自覚しやすいものですが、冷え性の一種に内蔵型冷え性というものがあります。
内蔵型冷え性の場合、手足は温かいので気づきにくいのですが、内蔵部が冷えているために臓器に様々な障害が起きることがあるのです。
たかが冷え性と思うかもしれませんが、古来漢方の考え方では、冷え性は万病の元とされています。
このため、気づきにくい内蔵型冷え性は、とても恐ろしいタイプの冷え性なのです。

 

しかし、自覚が無い内蔵型冷え性でも、簡単にチェックできる方法があります。
あなたは、こう言った症状に心当たりはありませんか?

 

内蔵型冷え性のチェック項目

いつもだるい感じがする
水銀体温計で脇の下を10分図った時の体温が36度3分以下
風邪を引きやすい
しっかり着込んでいるのに体が冷える
お腹が冷えやすい
しょっちゅう下痢や便秘になる

 

こういった症状がいくつか当てはまる人は、内蔵型冷え性のおそれがあります。
特に注意すべきなのは、低体温です。
体温が35度台になると、体の抵抗力が落ち、病気になりやすくなります。
機能性胃腸障害、膀胱炎、だるさ、風邪、生理不順、不妊など様々な障害が出てくるそうです。
また、内蔵型冷え性の影響で体温が1度下がるごとに、代謝率はなんと12%から15%も下がってしまうとか。
内蔵型冷え性のチェック項目が当てはまる人は、とにかく早めにケアし、改善を図る事が大切です。

 

内蔵型冷え性の解消法

運動する

運動不足になると代謝が落ちるので、血流が悪くなり冷え性になりやすくなります。
ストレッチ、ウォーキングなど無理せず続けられる運動を心がけましょう。

 

体をしっかり保温する

五本指ソックスや腹巻、靴下でしっかり体を保温しましょう。
また、半身浴や足湯で下半身を重点的に温めるのも、冷え性対策にお勧めです。

 

食事にも気をつける

冷え性の人は、体を冷やすような食品をできるだけ取らないようにしましょう。
生野菜、お刺身、寿司、ビール、アイスクリームなどは、体を冷やす食品です。
これらを食べると体の熱が奪われ、内蔵型冷え性になりやすくなります。
また、キュウリ、トマト、柿、いちご、梨などの夏の野菜・果物には体を冷やす性質があるので注意しましょう。
体を温める生姜、こしょう、ニンニク、唐辛子などの食材を積極的にレシピに取り入れれば、体の中からポカポカと温まります。
最近はネットなどで「冷え性対策レシピ」が多数公開されているので、内蔵型冷え性の人は、ぜひ参考にして見てください。

Sponsord Link