赤ちゃん 冷え性

Sponsord Link


赤ちゃんが欲しい人は冷え性を改善しましょう

「思い当たる原因がないのになかなか赤ちゃんができにくい」
そんなときは、冷え性が原因の場合があります。

 

赤ちゃんを育む子宮は、実は冷え性の影響を非常に受けやすい部分です。
子宮が冷えると生理痛、排卵障害、卵巣嚢腫、子宮筋腫などを招きやすいといわれています。
これらの症状は不妊の遠因となりますので、冷え性の人は赤ちゃんができにくくなってしまうのだと考えられます。
冷え性と言うとただ手足が冷たくなる、というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、低体温になると子宮を初めとする内臓が正常な活動を出来にくくなってしまうので、深刻な健康被害を招くことがあるのです。

 

また、冷え性になると女性ホルモンが正常に運ばれにくくなります。
女性ホルモンは血液によって運ばれるので、冷え性で血行が悪くなると、ホルモンバランスが乱れ、生殖機能が低下し、やはり赤ちゃんができにくくなってしまいます。

 

「赤ちゃんが出来にくいのは冷え性のせいかな…」と感じたら、まずは漢方薬局や冷え性外来を訪問する事をお勧めします。
冷え性と一言で言っても、個人の体質や症状により適切な冷え性対策は異なるので、自己判断よりは問診を受け、自分に合った治療法の指導を受けることが大事です。
問診の際は、赤ちゃんが出来にくいことや自分の生理のときの状態、冷え性の症状がどのように出るかを詳しく相談する事になります。

 

専門家による冷え性治療を受けると同時に、体を温める効果のある生姜やにんにくなどの食材を意識的にレシピに取り入れたり、ウォーキングなど、無理せず血行を良くする運動を行うと、冷え性がより改善されやすくなります。

 

また、ストレスは冷え性の大きな原因のひとつです。
ストレスを溜め込むことで自律神経が乱れ、冷え性になりやすくなるのですが、ストレスはホルモンの乱れの原因にもなるので、赤ちゃんが欲しい人はストレスフリーな生活を心がけましょう。

Sponsord Link