エアコン 冷え性

Sponsord Link


エアコンも冷え性の原因になるのでご用心!

冷え性には様々な原因がありますが、近年特に悩む人が多いのが、エアコンが原因の冷え性です。
エアコン由来の冷え性は、俗に「エアコン病」「冷房病」などとも呼ばれているので、聞いたことがある人も多いかもしれません。

 

いまや、エアコンは家庭やオフィスに設置されているのが当たり前。
特にオフィスの場合、背広の男性に合わせて温度が低めに設定されていたり、来客や外回りから帰ってきた人のためにキンキンに冷えていることもあります。

 

しかし、これはずっとオフィスにいるデスクワークの人にとってはたまりません。
昔は「冷え性=冬」というイメージがあったのに、現代人はエアコンのせいで夏の冷え性に悩まされるのです。
冷えにずっとさらされていると手先の冷えだけではなく、腹痛、頭痛、だるさ、低体温など様々な症状が起きます。
こういった症状はさらにむくみ、生理不順などを招くこともありますので、特にデスクワークの人は自分でできるエアコン対策を講じ、冷え性を撃退しましょう!

 

自分でできるエアコン冷え性対策

オフィスの温度をエコ設定にする

最近は節電の観点からも、エアコンの温度を28度以上に設定するオフィスが増えています。
体と地球に優しいエコ設定を取り入れ、冷え性を防ぎましょう。

 

カーデガンやひざ掛けを持参する

カーデガンやひざ掛けなど、ちょっと寒いと感じた時にすぐにできる冷え性対策グッズを用意しておきましょう。

 

保温グッズを活用する

五本指のソックスや腹巻などで冷え症が気になる部分をケアするのも良いでしょう。
最近は通気性に優れた夏用の保温グッズも多数出ています。

 

ティータイムには生姜紅茶を

ティータイムには、紅茶にすりおろし生姜をプラスしたしょうが紅茶を飲むのも良いでしょう。
コーヒーや緑茶は体を冷やす効果があるので、飲み過ぎは禁物です。

 

足湯で体を温める

夏場は暑いのでお風呂にじっくり入るのはいやだという人も多いでしょう。
そんな時は足湯をお勧めします。
膝から下を温めると足の血行が良くなり、新陳代謝が促進されてむくみも取れやすくなります。
浴槽に腰掛けたり、バケツに足をつけるだけで手軽にできます。
最近は、足湯専用のバケツも手頃な価格で販売されているので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

Sponsord Link